松屋銀座「ラ・メゾン・デュ・ショコラ」オープニングレポート

表参道、丸の内に続く、ラ・メゾン・デュ・ショコラの第三号店が、9月7日、松屋銀座にオープンしました。

前日に開催されたプレス発表会に、「幸せのケーキ共和国」mixiコミュニティメンバーのライムさんと伺ってきました。
10月末まで松屋店舗限定の販売となる日本初登場の「エクレア」をはじめ、今回の見所やクリスマス、バレンタインの新作に至るまで、ライムさんのレポートでご紹介します。

————————————————————

銀座という最高の立地に、今回、初めて、路面店ではなく、ラ・メゾン・デュ・ショコラ日本初の百貨店常設店として、満を持しての登場です。
しかも、地下食料品売り場ではなく、世界一流のファッションブランドの居並ぶ一階に、今秋オープンのバカラやスワロフスキー同様、スペシャルなブティックのひとつとしてのステータスを得てのオープンとなりました。

今回の出店において特筆すべきことは、ついに、「世界一美味しい!」と評される、パリのブティックでも一番人気のエクレアが、日本に初登場すること!
フレーバーは、パリでも人気の定番、ショコラ、キャラメル、カフェの三種類で、1個651円。松屋銀座店オープンを記念し、9月7日から10月31日までの2ヶ月間は、松屋銀座店のみの先行限定販売となります。

試食させていただいたところ、どのフレーバーもさすがのおいしさですが、ショコラティエだけあって、やはり、ショコラが格別でした。生地は、バリっと固く焼き上げたタイプではなく、やや柔らかめ。濃厚で奥行きのあるショコラのクリームが詰まっています。

販売は、毎日12時15分からの予定。(おひとり様5個まで)
当面、予約は受け付けないとのことで、行列ができそうです。

また、松屋銀座店のオープン記念限定商品として、ボンボンショコラのテイスティングボックス「アソルティモン・メゾン for Matsuya Ginza」(3601円)が発売されました。
創始者ロベール・ランクス氏が考案し、長年に渡り愛される続けている「カラカス」のような永遠のレシピと、クリエイティブ・ディレクターのジル・マルシャル氏が作り出した新たなレシピからなる合計8種類のボンボン・ドゥ・ショコラのアソートセット。
ジル・マルシャル氏のお勧め順で試食することができます

その他、日本初登場のサブレもありました。
フレーバーは、ショコラとゲランド塩の2種類。ことに、ショコラが、さすがのおいしさです。

オープニングに先立つプレビューでは、松屋銀座店、その限定商品の紹介と共に、来るクリスマスとバレンタインの商品の発表がありました。
また、ジル・マルシャル氏による、今回限りのスペシャルなガナッシュのデモンストレーションがありました。

今年のクリスマス限定コレクションボックス「マジー・ドゥ・ノエル」のテーマは「ニューヨーク。」ニューヨーク出店20年を記念するものです。
アメリカで愛されているブルーベリーやクランベリー、ピーカンナッツといった素材をふんだんに盛り込んだショコラが楽しめる品。
また、ニューヨークのクリスマスの代表的な風物詩といえば、ロックフェラーセンターの巨大なクリスマスツリー。パッケージは、クリスマスツリーをイメージしたデザインの、美しい赤のボックスです。
また、ショコラによるアドベントカレンダー「ショコラ・カレンダー」も販売されます。クリスマスイブまでの24日間、1日ひとつずつ扉を開けて、おいしいボンボンショコラをいただきながら、クリスマスの訪れを待つことができるのです!

世界に先駆けて発表された2011年バレンタイン限定コレクションのテーマは「ドリーム・オブ・ラブ」。ハート型の赤いキュートなボックスには、愛する心の情動を表現したガナッシュが詰め込まれています。
たとえば、そのひとつ、「ブシェ・クール」は、非常に希少なクリオロ種のカカオ豆であるペドレガル農園のポルセラーナを用いたダーク・ガナッシュで、そのアロマノートと酸味の絶妙なバランスは、まるで恋人達の運命の出会いのよう。
そして、愛は分かち合うものとして、ハートの形で表現されています。

この日、ジル・マルシャル氏が作ったスペシャルなガナッシュは、バレンタイン限定コレクションのあらゆるフレーバーを閉じ込めたもの。
ぺリゴール産のいちご(シャルロットとマラデボワ)、レモンとオレンジとグレープフルーツのゼスト、塩バターキャラメル、それにポルセラーナと定番商品のロシェ・スイス。これだけのフレーバーを詰め込んだら、フレーバー同士が喧嘩してしまうのではないかと思ってしまいますが、さすがジル・マルシャル氏。それぞれのフレーバーを感じさせつつ、見事にまとめあげられた、素晴らしいガナッシュでした。

新店舗の業態は、カフェを併設したショコラブティック。落ち着いた色合いのチョコレートカラーに、ナラ材を使用したライトベージュのインテリア。バカラの華やかなシャンデリア、カッシーナのモダンな椅子などが、上質な空間を創り上げています。

合計14席(カウンター6席)のカフェでは、人気のショコラドリンク、また、ボンボンショコラ、マカロン、プティガトー、お好みのグラスとソルベを組み合わせたパフェなどを紅茶やコーヒーと共に楽しむことができます。
おいしいショコラを買うことができるだけでなく、素敵なひとときを楽しめる空間。銀座に出かけたときの楽しみが、またひとつ増えました。

(レポート担当:ライムさん)

ラ・メゾン・デュ・ショコラ 松屋銀座店
東京都中央区銀座3-6-1 松屋銀座1階
電話 03-3562-7707
営業時間 10:00~20:00(カフェラストオーダー19:30)
http://www.lamaisonduchocolat.co.jp/


2010/9/8|取材・レポート
PAGE TOP