ガレットが世界初登場!「コート・ド・ルージュ カフェ×ドミニク・サブロン」成城学園前にオープン(4/30)

4月30日、成城学園前の駅前に、「コート・ド・ルージュ カフェ×ドミニク・サブロン」がオープンしました。
こちらは、「マキシム・ド・パリ」が経営する赤坂サカスのカフェ&バー「コート・ド・ルージュ」とパリの高級ベーカリー「ドミニク・サブロン」の本格的コラボレーションとなるお店。

●5月10日(月)まで、オープニングキャンペーン実施中!
<ドミニク・サブロン>
・WEBから入手できるクーポン持参で500円以上お買い上げのお客様にプティパンをプレゼント。毎日先着100名様限定。
・クロワッサン6個入りセットをまとめて2箱ご購入の方に、オリジナル布袋バッグ(大)プレゼント。
※クーポンはこちらのWEBから入手できます。

<コート・ド・ルージュ カフェ>
・アフターヌーンティーセットをお召し上がりの方にプティマカロンをプレゼント。毎日先着20名様限定。 
・ディナータイム(17時半~)に1500円以上オーダーの方に、リキュール「シャンボール」の50cc入りミニボトルをプレゼント。毎日先着50名様限定。

東京都世田谷区成城6-9-1
「コート・ド・ルージュ カフェ」 営業時間:11-22時 電話:03-5490-8222
「ドミニク・サブロン」 営業時間:10-22時 電話:03-5490-8228

2008年のオープン以来、「コート・ド・ルージュ」では、ドミニク・サブロンのパンとマキシム・ド・パリの料理とのマリアージュとなるメニューを提供し、好評を博してきました。
ドミニク・サブロン氏が来日してこの光景に驚き刺激を受けて、2008年にパリにオープンさせた自身のお店では、パンに視点を当てたレストランをオープンしたそうです。
成城学園前の店舗では、東京とパリの店舗が相互に作用した形として、両ブランドがコラボレーションしたカフェがスタートすることになりました。
お店に入るとすぐにパンの販売スペースがあり、奥に広がるカフェスペースでは、オリジナルのカフェメニューをいただけます。

マキシム・ド・パリの伝統料理を生かしたコート・ド・ルージュ カフェのスペシャルガレット

マキシム・ド・パリの伝統料理を生かしたコート・ド・ルージュ カフェのスペシャルガレット


メニューの目玉は、パリ「ドミニク・サブロン」のオリジナルレシピで作られるガレット。
パリにも先駆けた、日本のこの店限定商品です。
ブーランジェリー発のガレットは粉にこだわります。
国産のそば粉に、サブロン氏自身が開発に携わった北海道産の小麦粉、フランス産BIOの小麦粉の3種をブレンド。
口に含んだ瞬間に広がる粉の甘さと焦がしバターの香り、表面はカリッとしつつもっちりふっくらした食感が特徴的です。
具材にも、パリから伝わる「マキシム・ド・パリ」伝統の料理を用いるなど、他では味わえないマリアージュを提供します。

クレープのメニューも豊富で、こちらの生地にも、フランス産のBIOの粉と焦がしバターをブレンドしています。
「マキシム伝統のオレンジ香るクレープ・シュゼット」「ワインの甘みを閉じ込めたダークチェリーのクレープ」(いわゆるチェリージュビレのクレープ)など、いかにもこのお店ならではのメニューが魅力的。
また、アフターヌーンティーセットには、ドミニク・サブロンのスコーンやキッシュに、マキシム・ド・パリを代表するデザート「苺のミルフィーユ」などが盛り合わせてあり、まさにコラボレーションならではの「いいところ取り」となっています。


2010/5/2|スイーツニュース
PAGE TOP