BSフジで「貝印第6回 全国高校生スイーツ選手権 スイーツ甲子園」特集番組を放映(10/19)


2013年10月19日(土)19:00~20:55、「貝印第6回 全国高校生スイーツ選手権大会」こと「貝印スイーツ甲子園」の決勝戦の様子が、BSフジの特集番組として放映されます。
詳しくは公式ホームページをご覧ください。
地区予選出場チームの作品や過去の大会概要なども紹介されています。

決勝戦は、9月15日に東京・台場で開催されました。
今年のテーマは「世界に発信する日本」。
全国の予選ブロックを勝ち抜いた高校生たちが、チーム一丸となってスイーツをを作り上げました。
日本の伝統文化や世界に誇る技術、食文化など日本をイメージした様々な作品が揃い、まさに高校生達による“クールジャパン”!
見事に優勝して、フランス・パリでのお菓子研修旅行の切符を手にするのはどこのチームか?乞うご期待!

<決勝出場校>
北海道東北ブロック代表:山形・山形県立山辺高等学校「うんめぇズ☆」 作品名:「米くうべ♪」
関東Aブロック代表:千葉・専門学校野田鎌田学園高等課程「ホスピタリティ」 作品名:「アルメリア」
関東Bブロック代表:東京・町田調理師専門学校高等課程「~try~」 作品名:「桜よ届け」
東海信越ブロック代表:愛知・名古屋調理師専門学校高等課程「Attaches」 作品名:「みーんな copains!」
近畿北陸Aブロック代表:京都・福知山淑徳高等学校「WARA’s」 作品名:「雛の節句 ~私たちが主人公~」
近畿北陸Bブロック代表:滋賀・綾羽高等学校「bizarre amitié」 作品名:「general ~甘美な長屋~」
中国四国ブロック代表:島根・島根県立矢上高等学校「HKRアロー」 作品名:「世界も響楽!!僕らの石見神楽」
九州沖縄ブロック代表:福岡・飯塚高等学校「Trois Blanc」 作品名:「Fire Works」

決勝戦の審査員は、日本を代表するパティシエとして、「オ・グルニエ・ドール」西原金蔵氏、「パティスリー タダシヤナギ」柳正司氏、「ミュゼ・ドゥ・ショコラ・テオブロマ」土屋公二氏の3名がつとめています。
全国8つの予選ブロック一次審査では、フランス菓子・料理研究家の大森由紀子氏と、その地区出身パティシエが書類選考を行い、各5チームを選出。続く地区予選で、筆記試験・実技審査を経てブロック代表チームを決定しました。
予選ブロックの審査員を務め、当日も応援に駆け付けてくれたシェフ達は、以下の通りです。

北海道東北/齋藤毅氏(パティスリー・ストーブ)
関東A/堀江 新氏(ラ・ヴィ・ドゥース)
関東B/五十嵐 宏氏(パティスリー・ラ・ローズ・ジャポネ)
中部/柴田 武氏(シェ・シバタ)
近畿北陸A/林 雅彦氏(ガトー・ド・ボワ)
近畿北陸B/白岩 忠志氏(ラ・ピエール・ブランシュ)
中国四国/林 周平氏(モンプリュ)
九州沖縄/西村 伸広氏(キャラメランジュ)


2013/10/18|スイーツニュース
PAGE TOP