【ニューオープン】恵比寿にフランス菓子専門店「パティスリー レザネフォール」オープン(11/15)


2012年11月15日(木)午前10時、恵比寿にフランス菓子専門店「パティスリー レザネフォール」がオープンします。
恵比寿駅東口から徒歩5分程、駒沢通り沿いのお店です。

11月15日(木)、16日(金)の2日間は以下のようなオープン記念セールを開催。
●全品20%OFF
●お買い上げ先着300名様にプレゼントをご用意
●1500円相当の焼き菓子詰め合わせを、特別価格1000円で販売
※オープンセールの2日間は、商品がなくなり次第、閉店となる場合もあります。


オーナーシェフの菊地賢一氏は、「パティスリー アルパジョン」「ヴォアラ」「季の葩」で修業後、「パークハイアット東京」、「グランドハイアット・シンガポール」で経験を積み、フランスの「パークハイアット・パリ・ヴァンドーム」に勤務。
2009年「パティスリー ガトーナチュレール」のシェフパティシエに就任。
2012年には再び渡仏して「パティスリー セバスチャンゴダール」でも働いています。
2006年ジャパンケーキショー東京の大型工芸菓子部門で連合会会長賞受賞、2008年フランス・ガストロノミック・アルパジョン・コンクール優勝など、国内外のコンクールで数々の受賞歴もお持ちです。


お薦めのお菓子の一例を伺うと、生菓子では「モンブラン」。フランス産のマロンペーストを使い、土台のサブレ風生地にほんのりシナモンを効かせた、菊地シェフのオリジナルです。
また、「ルージュ」というケーキは、外側は一見白いのですが、中にフランボワーズ、フレーズデボワ、苺などの赤いフルーツのソース入り。ヴァローナのショコラ“マンジャリ”とフランボワーズのムース、カリカリしたピスタチオのクルスティヤンなど、様々な食感や味、香りが楽しめる、菊地シェフのスペシャリテの一つです。

焼き菓子では、フィナンシェとフィナンシェショコラに注目してほしいとのこと。
恵比寿の地にちなんだ「恵比寿様」柄のパッケージ入りで、本場でもフランス菓子を学んだ菊地シェフが、これから日本で発信していくお菓子を象徴するものとなっています。

店名の由来となった「Les Années Folles(レザネフォール)」とは、フランスの1920年代の時代を指す言葉です。
19世紀末から第一次世界大戦前に、パリが反映した華やかな時代とその文化を「Belle Époque(ベル・エポック)=良き時代」と呼びます。
これに対して、第一次大戦後、世界大恐慌が勃発するまでの1920年代は「狂乱の時代」とも呼ばれ、ピカソやコクトーといった数多くの文化人が活躍し、やはり自由と活気に満ちた繁栄の時代でした。
菊地シェフは、そんな、様々な文化やアイディアが生まれた時代になぞらえて、この店名を選んだそうです。

パティスリー レザネフォール
東京都渋谷区恵比寿西1-21-3
電話 03-6455-0141
営業時間 10-22時
定休日 ※しばらく不定休


2012/11/14|スイーツニュース
PAGE TOP