【ニューオープン】和泉光一シェフのパティスリー「アステリスク」、代々木上原にオープン(5/5)


2012年5月5日、和泉光一シェフの自店「アステリスク」が待望のニューオープン。

5月5・6日の2日間はオープン記念で、1000円以上お買い上げのお客様に、先着でスワロフスキー・エレメントのクリスタル付きオリジナルボックスに入った焼き菓子セットをプレゼントされるそうです。
お一人様1セット、無くなり次第終了となるのでお早目に!
営業時間は11:00~18:00となります。
5月7日(月)は定休日、8日以降が10:00~20:00の通常営業となります。


「アステリスク」は、フランス語で、「小さい星」を意味します。
お店のロゴマークは、6本の「フォーク」が並んで「*」というマークを形作ったもの。
お店のテーマカラーは、白と綺麗なグリーンに、シルバーと焦げ茶が差し色に入った明るい雰囲気です。

入口のドアが開くと、ガラス越しに作業台の真正面となり、厨房の中が包み隠さず見えるのもインパクト大。
イートインも6席設けられ、オープン後1ヶ月くらいして落ち着いたら、利用できる予定だそうです。

和泉光一シェフといえば、東京・調布の名店「サロン・ド・スリジエ」のシェフパティシエを長年務められ、2005年「ワールドチョコレートマスターズ」に日本代表選手として出場、総合3位。
2006年、2008年にはアメリカで開催される国際大会「ワールド・ペストリー・チーム・チャンピオンシップ」(WPTC)に出場、総合準優勝するなど、数々のコンクール入賞歴を持つ実力派パティシエ。
約2年の開店準備期間中を経て、いよいよ、ファン待望の自店オープンとなりました。



今度のお店では、必ずしも「フランス菓子」の枠にしばられず、シフォンケーキやロールケーキなども出されるとのこと。
プリンも、プレーン、チーズ、苺の3種が揃い、今後、生チョコ味も登場予定だそうです。


「WPTC2008」出場時のプティガトーで、アプリコットとヘーゼルナッツプラリネを組み合わせた「オール」をはじめとする凝った構成のオリジナルケーキも大きな魅力。
モンブランは、和泉シェフの故郷である愛媛県産の和栗を使って出される予定です。
愛媛県産のオレンジや伊予柑を使った「オレンジトルテ」もあります。


焼き菓子では、火通りをよくして短時間でしっとり焼き上げるために、特注の細長い型を準備したケイク類に注目!
「ケイク・オ・フリュイ」や「ケイク・ルージュ」などがホールサイズで並びます。
これらの焼き菓子にも、あえて乾燥剤を入れず、新鮮なうちに召し上がってほしい、とのことです。

新たな展開を見せる和泉シェフの世界を、これから思い切り堪能できそうですね。

「ASTERISQUE」(アステリスク)
http://www.asterisque-izumi.com/
東京都渋谷区上原1-26-16  タマテクノビル1F
電話 03-6416-8080
営業時間 10時~20時
定休日 月曜


2012/5/5|スイーツニュース
PAGE TOP