【ニューオープン】「パティスリー リョーコ」が東京・高輪に移転オープン(2/11)


2012年2月11日、東大阪で人気を呼んだ「Patisserie Ryoco パティスリー リョーコ」が、東京の港区高輪に移転オープンしました。

オーナーシェフの竹内良子さんは、大阪府生まれで、南仏の「ミッシェル・ブラン」やパリの「アルノー・ラエール」で修業。
帰国後の2005年1月、「パティスリー リョーコ」を起ち上げました。

チョコレートと濃厚なキャラメルの「キャラ・ドゥー」(520円)をはじめ、大阪時代からファンの多いスペシャリテも健在です。

「フレジェ」(520円) 苺とクリームにキルシュを効かせ、しっとりしたジョコンドでサンド。

「タルト・フロマージュ」(420円) フランス産クリームチーズを使ったなめらかなアパレイユにバニラの香りがアクセント
「プランタン」(460円) リュバーブと苺のコンポートの酸味をバニラの香りで包みこんだシブーストのタルト



ショーケースの上には、「フラン」(190円)や「モワルーショコラ」(320円)「季節のフルーツパイ」(290円)など、焼きっぱなし菓子も並びます。

マカロンやフィナンシェ、パウンドケーキ類も見逃せません。
ナッツやオレンジピール入りのザクザク食感の板チョコレートは珍しい量り売りタイプです。(9円/g)

「Patisserie Ryoco パティスリー リョーコ」
東京都港区高輪3-2-8
電話 03-5422-6942
営業時間 10時半~19時
定休日 水曜・木曜
※都営浅草線「高輪台」駅から徒歩5分、都営三田線・南北線「白金高輪」から徒歩6分


2012/2/12|スイーツニュース
PAGE TOP