「浦和ロイヤルパインズホテル」で「感動の逸品」シリーズが好評。フルコースもスタート(12/1~)

「浦和ロイヤルパインズホテル」は、2010年9月より、ロイヤルパインズのオリジナルメニュー「感動の逸品」シリーズを販売し、好評を博していました。
同シリーズは、フランス料理・イタリア料理・日本料理・中国料理・スイーツの料理長が創り上げた全17品です。
“おいしいは楽しい。”をテーマに、「食」にこだわり続けてきたロイヤルパインズの料理長たちが、本当の「美味しさ」と食の「楽しさ」を追求し、美味しいものに出会った時の「感動」と「喜び」を存分に味わっていただきたいという思いから誕生しました。
「感動の逸品」について詳しくはこちらをご覧ください。

2010年12月1日(水)より、これらを一度にまとめていただけるフルコースが、19Fレストラン「RPR(アール ピー アール)」でスタートします。
提供開始から多くのお客様にご好評をいただいていましたが、「いろいろな種類を一度に食べたい」という要望が多数あったことから実現したそうです。

私も一度、試食をさせていただいたのですが、厳選された素材は、さすがホテルならではの味と感動するものばかり。
その中でも、やさしく懐かしい味の「ふんわりオムライス」は、素朴でいて、また食べたい!と思わせてくれました。

そして、シェフパティシエ朝田晋平氏の手による、姿形も清楚で美しいプティガトー、「ロイヤルクラウン」。
一つひとつシェフの手で丸くくりぬいた生地に、こだわりの生クリームをたっぷり着せて、季節の果物を飾ったスイートな王冠です。

季節に合わせて素材が変わっていき、私はこれまでに、栗バージョン、洋梨バージョンといただきました。
特に、洋梨のなんともいえないジューシーさと酸味とが、ミルキーな甘さの生クリーム、しっとりしたスポンジと一体となったバランスのよさは、確かに「感動」でした。
風味豊かな山形県産と甘く濃厚なスペイン産の二つの洋梨からとった果汁を、スポンジ生地と生クリームにも入れていたそうです。
洋梨の甘くさわやかな香りが広がり、とても印象的でした。

栗、洋梨に続き、冬から春にかけて、いよいよ真打・苺が登場です!
外側から見ただけだとわかりませんが、もちろん、中にも二段重ねでたっぷり、みっしりと苺が敷き詰められています。
スポンジと生クリームには、イタリア産とスペイン産の良質で新鮮な苺からとった果汁を使い、国産苺の果実とフレッシュな果汁の甘く爽やかな味と香りのハーモニーが豊かに広がります。

————————————————————
【感動の逸品コース】

価格:\9,800/1名さま (税込・サービス料別)
 ※「感動の逸品」シリーズは、コースメニューだけでなく単品、セットメニューでも各種販売しています。取り扱い店舗はメニューによって異なります。
場所:浦和ロイヤルパインズホテル19Fレストラン「RPR」
内容:「感動の逸品」シリーズ全17種から5種を厳選。浦和ロイヤルパインズホテル総料理長・中宇祢 満也(なかうね みちや)氏がコース料理として仕立てたこだわりのメニュー。

◇ アミューズブーシュ
◇ 本日のオードブル
◇ とろとろオニオングラタンスープ+ (感動の逸品)
◇ オマール海老のアメリカンソース トリュフ添え (感動の逸品)
◇ 美食の三重奏 牛フィレ肉とフォアグラのロッシーニ (感動の逸品)
◇ ふんわりオムライス(感動の逸品)
◇ ロイヤルクラウン(感動の逸品) or (本日のデザート)
 ※ロイヤルクラウンは単品で650円


2010/11/30|スイーツニュース
PAGE TOP