日経新聞・土曜版『日経プラスワン』の「何でもランキング」変わり種大福編の選者を担当(1/6)

2018年1月6日(土)、日経新聞・土曜版『NIKKEIプラス1』の「何でもランキング」は、新年にいただくにもお勧めの「変わり種大福」を特集。選者の一人としてコメントさせていただきました。
日本全国からお取り寄せできる品をリストアップ。その中から専門家達が選んだ総合ランキングは以下のとおりです。

1 しろ平老舗「きんかん大福」(滋賀県愛荘町)
2 一福百菓・清光堂「まるごとみかん大福」(愛媛県今治市)
3 創作桃菓 桃花亭「桃福」(愛知県北名古屋市)
4 お菓子の日高「なんじゃこら大福」(宮崎市)
5 ふじ乃「ブルーベリー大福」(埼玉県川越市) 
6 大阪・甘泉堂「生チョコ大福」(大阪市)
7 養老軒「ふるーつ大福」(岐阜県川辺町)
8 横浜市「焼醤油大福」(横浜市)
9 長野県飯田市「市田柿大福」(長野県飯田市)
10 双葉屋「りんご大福」(長崎市)

1980年代に登場したと言われる「いちご大福」も、今やすっかり和菓子の定番に。
最近はそれ以外にも、フルーツを丸ごと1粒入れた大福のバリエーションが増えています。
断面の面白さやカラフルさも、人気となっている理由の一つのようです。
詳しいコメントがご覧いただけるバックナンバーが、インターネット上の日経電子版記事に掲載されています


2018/1/6|メディア掲載のお知らせ
PAGE TOP