J-WAVE『SMILE ON SUNDAY』で「SNSで自慢したくなる今年注目のクリスマスケーキ」をご紹介。(12/4)

12月4日(日)、ラジオJ-WAVEで放送の『SMILE ON SUNDAY』で、「スイーツジャーナリストが選ぶ!SNSで自慢したくなる今年注目のクリスマスケーキ」を特集。
「高級ホテル」「海外有名ブランド」「新進気鋭の注目パティスリー」の3つに分けて、色別にご紹介させていただきました。

teikokuhotel
●帝国ホテル 東京「 ハートフル“ノエル”」
リングピローをイメージし、「白」が映えるロマンチックな新作クリスマスケーキ。
シトラスが香るホワイトチョコレートのムースの上に、苺・ラズベリー・野苺入りのハート形のジュレ。
土台にはレモン風味のビスキュイという爽やかな組み合わせ。
中にも同じジュレが隠れていて、どこを切っても甘酸っぱい味わいに出会えます。
帝国ホテル 東京のクリスマスケーキの詳細はこちら

jeanpaulhevin_2016noel
●ジャン=ポール・エヴァン「ビュッシュ《レーヴ》」
ショコラ専門店ならではの「黒」のビュッシュ・ド・ノエル。
2016-2017年にかけてのコレクションテーマは“フレンチ タッチ(FRENCH TOUCH)”。
今年のクリスマスケーキでは“フレンチ タッチ”を構成する7つの原材料から、エヴァン氏が考える4つの要素「生きる喜び」「創造性」「モード」「スタイル」をビュッシュ ド ノエルを通じて表現しています。
特にお勧めしたい「ビュッシュ《レーヴ》」は、“夢”と名付けられた作品。
雪の積もった屋根から月に向かってはしごが伸びた、まるで夢のような光景を表現。
ブラジル産グラン クリュのカカオ豆使用のチョコレートを使ったビターなムースショコラの中には、オレンジと生姜のコンフィや、
ショコラとヘーゼルナッツのビスキュイ、オレンジ風味のクレーム ブリュレ キャラメリゼなど。土台のシリアルのクルスティヤンもサクサクとした食感のアクセントに。
他にも、「生きる喜び」をテーマにしたビュッシュ《カンカン》や、「モード」をテーマにしたビュッシュ《ファッション》など、どれもインパクトあるデザイン!
ジャン=ポール・エヴァンのクリスマスケーキの詳細はこちら

libertable
●リベルターブル「シャンパーニュ」赤坂本店限定・50台限定
気鋭の若手実力派パティシエとして注目される森田一頼シェフによる、クリスマスならではの「赤」が華やかで美しい一台。
シャンパーニュの“ローラン・ペリエ ロゼ”を贅沢に使用したクリームに、赤い果実のジュレやクリーム。
直径10cmと二人でもちょうどよいサイズで楽しめる、大人のためのクリスマスケーキ。
リベルターブルのクリスマスケーキの詳細はこちら


2016/12/4|メディア掲載のお知らせ
PAGE TOP