ラジオTOKYO-FM『Blue Ocean』で2016年クリスマスケーキのトレンド&お勧めをご紹介(11/15)

11月15日放送のラジオTOKYO-FM『Blue Ocean(ブルーオーシャン)』にゲスト出演。
最近のスイーツトレンドや、2016年クリスマスケーキの傾向、お勧めの品などをご紹介いたしました。
番組に登場したクリスマスケーキ&スイーツはこちらです。

mandarin-oriental_tokyo_christmas2016
●マンダリン オリエンタル 東京「リュミエール」
2016年のクリスマスケーキのトレンドの一つである“球体モチーフ”。
クリスマスオーナメントのボールをモチーフにした愛らしいケーキ。
中身は、苺ムースとフロマージュブランのムースの二層仕立てに、野苺やブルーベリー、ラズベリーの果実やソースを添えて。
ホワイトチョコレート製のボールにあけられたベルや星形の窓から、中の華やかな色彩が見え隠れするのも魅力です。
12月1日~25日と販売期間が長く、早めのクリスマスパーティーでもOK!
マンダリン オリエンタル 東京のクリスマスケーキ詳細は、こちらでご覧いただけます。

andaztokyo_2016christmas_eclaircake
●アンダーズ 東京「クリスマスエクレアセレクション」&「エクレアケーキ」
アンダーズ 東京のペストリーショップにてシグネチャースイーツとなっている「エクレア」。
2016年はこれを長さ28cmのクリスマスデコレーションバージョンで、2つの味に仕上げています。
「ストロベリー」は、中にカスタードクリームや生クリーム、クレームブリュレ、苺などが入った、大人から子供まで万人に好まれる味。
「丹波の黒豆」は、黒胡麻クリームや黒豆クリーム、ラム酒が香るスポンジ、甘い香りのスパイス・トンカ豆風味のクレームブリュレなどが入った大人向け。
こちらは12月19日~25日の販売。
andaztokyo_2016christmas_eclair6
一方、「クリスマスエクレアセレクション」は、11月21日~12月25日の販売。
“グリューワイン”や“クリスマスプティング”といった世界のクリスマス伝統食を表現したエクレアや、旬の苺を使ったもの、ホワイトチョコレーズン、オレンジマスカルポーネ、丹波黒豆の全6種。
ほんの二口ほどのスモールサイズと、通常のプティガトーくらいのラージサイズとがあります。
1本ずつでも購入可能ですが、6種揃えて箱詰めしてもらえば、クリスマスまでの期間の手土産にぴったり。
アンダーズ 東京のクリスマスケーキ詳細は、こちらでご覧いただけます。

kihachi_stollen
●パティスリー キハチ「シュトーレン」
クリスマスを待ちわびながら楽しむ、ドイツ発祥の伝統菓子。
ドライフルーツとナッツ類をラム酒やスパイスと共に約3ヵ月間、じっくりと漬け込んで使用。
牛挽肉を使って作られるイギリスの伝統的なクリスマスの保存食“ミンスミート”も入っているのが珍しく、噛みしめるほどに深いコクのある味わい。
「シュトーレン」や、クリスマスアソートの焼き菓子の販売は既に始まっていて、11月9日~12月25日の予定。
ただし、数量限定のため無くなり次第終了となります。
パティスリー キハチのクリスマスケーキ詳細は、こちらでご覧いただけます。


2016/11/16|メディア掲載のお知らせ
PAGE TOP