日経新聞・土曜版『日経プラスワン』の「何でもランキング」食べる宝石・日本のチョコレート編の選者を担当。(2/7)

2015年2月7日(土)、日経新聞・土曜版『NIKKEIプラス1』の「何でもランキング」は「食べる宝石・日本のチョコレート」を特集。
選者の一人としてコメントさせていただきました。
3000円台までのアソートボックスなので、バレンタインのギフトの参考にもご覧ください。
専門家達が選んだ総合ランキングは以下のとおりです。

nikkei_chocolate_nihon_koyama
1 パティシエ・エス・コヤマ「アンノウン!カカオナンバー4」(兵庫県三田市)
2 ショコラティエ・パレドオール「プレミアム・パレドオール」(東京都千代田区)
3 ラヴニュー「マジック」(神戸市)
4 オリジンーヌ・カカオ「ボンボンショコラ」(東京都目黒区)
5 洋菓子マウンテン「コレクション2015」(京都府福知山市) 
6 パティスリー・サダハル・アオキ・パリ「ボンボンショコラ・グランクリュ」(東京都千代田区)
7 ル・ショコラ・ドゥ・アッシュ「C.C.C. DNAショコラ」(東京都渋谷区)
8 アンプレスィオン「フィロソフィー・ショコラ」(福岡市)
9 ショコラティエ・ミキ「ボンボンショコラ」(東京都世田谷区)
10 ミュゼ・ドゥ・ショコラ・テオブロマ「ボンボンショコラ」(東京都渋谷区)
nikkei_chocolate_nihon_paletdor

nikkei_chocolate_nihon_lavenue
日本には、世界的なコンクールで高い評価を得て注目されているショコラティエも多く、名品が揃います。
最近は、国産の素材や「和」を象徴する素材とショコラを組み合わせたボンボンショコラや、カカオの産地や品種による味わいの違いを比べられるものも人気です。
自家製でカカオ豆の焙煎から手掛けたチョコレートでボンボンショコラを作るまでを、一貫して取り組む職人も現れ、新たな話題となっています。

バックナンバーは、インターネット上の日経電子版・何でもランキング記事に掲載されます。


2015/2/7|メディア掲載のお知らせ
PAGE TOP