サッポロビールとロイズコンフェクトの共同開発「ショコラブルワリー」発売発表会でコメントしました。(1/13)

2010年1月13日(水)から、
サッポロビール株式会社と株式会社ロイズコンフェクト(社長・山崎泰博)との共同開発商品「サッポロ ショコラブルワリー」が限定発売されます。
詳しくはこちらのニュースリリースをご覧ください。

これにあわせてプレス記者発表会が開催され、私はその場で、2010年のバレンタインの傾向や、 「ショコラブルワリー」とスイーツとの相性について、
ロイズコンフェクト開発の「ショコラブルワリー」を使った手作りスイーツレシピについてなど、コメントをさせていただきました。
レポートはこちら

「ショコラブルワリー」は、ともに北海道を発祥の地とするサッポロビールとロイズコンフェクトが提案する新しい「大人な」チョコレートのお酒。
サッポロビールでは、女性による女性のためのプロジェクト「サッポロ☆華プロジェクト」で、この開発に取り組んできました。

香ばしくローストした「チョコレート麦芽」を含む黒ビール原料と、ロイズチョコレートにも使用されているカカオを砕いたニブを入れたことで、芳しい香りとほろ苦い味わいが生まれました。

昨年、インターネットで2万セットを限定販売したところ、バレンタイン需要を中心にわずか5日で完売したそう。

今年は、多くのお客様のご要望にお応えし、「ショコラブルワリー<ビター>」を、全国の店頭で限定販売。
あわせて、新しいテイストの「ショコラブルワリー<スイート>」をインターネットで個数限定販売。1月13日(水)より予約受付をスタートします。

サッポロビールといえば、「トシ・ヨロイヅカ」の「EBISU エビス」というパウンドケーキは、「エビスビール」の黒を生地に混ぜることで、味わいにコクを出しているそうです。
鎧塚俊彦シェフが、最初にお店をオープンさせた恵比寿の地にちなみ、試作を重ねて生み出した人気商品です。
スイーツに深みとコクをプラスしてくれる黒ビールとの相性、面白いですね。

2010年のバレンタインデーは日曜日。家族や恋人と共に、おうちでゆったりと過ごす方が多いことでしょう。
高級なご褒美チョコレートもいいですが、スナック感覚で気軽につまめるチョコレート菓子が豊富に揃うのが、今年のバレンタインの傾向です。
お気に入りの飲み物とチョコレートを傍らに、くつろぐ時間。幸せな気分になれそうです。


2010/1/18|メディア掲載のお知らせ
PAGE TOP