日本経済新聞電子版「今週の3つ星スイーツ」107回目:「スーパー&コンビニで買える義理チョコレート」編の選考&コメントをしています(2/13)


日本経済新聞電子版で連載中の「今週の3つ星スイーツ」。
第107回は「スーパー&コンビニで買える義理チョコレート」がテーマです。
詳細はこちらでご覧いただけます

今回は、「3つ星スイーツ」初の試みで、流通菓子をテーマとして取り上げました。
昨年秋以降に発売された大手菓子メーカーのチョコレート菓子の中から厳選して食べ比べた結果、以下のメーカーが登場しています。

明治
森永製菓
ロッテ
江崎グリコ

2013-2014年のチョコレート菓子市場は、全体に「大人向け」を打ち出した商品が目立っています。
少子化が進む中、菓子業界は、大人はもちろん、将来的にはシニア層に向けた嗜好品としての菓子提案を目指し、しのぎを削っています。
従来、男性客が多いと言われてきたコンビニでは、日頃、スーパーでお子様向けに大容量袋入り菓子などを購入している女性層も取り込むべく、価格競争と一線を画した「自分へのご褒美」提案も行っています。
最近は、特定の流通限定の商品なども発売されており、メーカーも流通もそれぞれ工夫を施しているので、たまには普段行かないコンビニやスーパーに足を運んでみると、面白い発見が得られますよ。

※3つ星スイーツのi-phoneアプリが登場!アップル社のApp Storeに公開されています。
 電子版の有料会員向け、しかも現時点ではiPhone限定ですが、GPSを利用し、最寄りの極上スイーツ店を探し、店のお薦め品を紹介。そのまま地図アプリで道案内してもらえる優れものです。
詳細・ダウンロードはこちら
※このコラム内容を厳選してまとめた書籍が発売!
また、電子書籍としてもご利用いただけるようになりました。
『3つ星スイーツ―プロが選ぶ究極の逸品130』
amazon頁はこちら
電子書籍版はこちら


2014/2/14|メディア掲載のお知らせ
PAGE TOP