日本経済新聞電子版「今週の3つ星スイーツ」40回目:スコーン編の選考&コメントをしています(3/10)

日本経済新聞電子版「ライフ」コーナーで毎週木曜更新の「今週の3つ星スイーツ」
第40回は、英国のアフターヌーンティーに欠かせない「スコーン」を取り上げました。

首都圏近郊の店舗から10店を厳選して食べ比べた結果、以下のお店が登場しています。

ポワンタージュ「スコーン プレーン」
メゾン ロミ・ユニ「スコーン・メゾン」
ザ・ペニンシュラ東京 ザ・ペニンシュラ ブティック&カフェ「スコーン プレーン」

スコーンは、スコットランドにある「スコーン城」の歴代国王の戴冠式に使われた椅子の、土台の石になぞらえて名づけられたと言われています。
神聖な石をモチーフにしているため、食べ方にも作法があり、「オオカミの口」と言われるぎざぎざに開いた割れ目の部分を、横半分に手で割るのがマナー。
クロテッドクリームとジャムを塗って食べるのが一般的ですが、どちらを先に塗るかの順番が、イギリスでも、地方によって異なるといわれます。

次回の更新は、3月17日(木)予定です。


2011/3/10|メディア掲載のお知らせ
PAGE TOP