日本経済新聞電子版「今週の3つ星スイーツ」36回目:ボンボンショコラ編の選考&コメントをしています(2/3)

日本経済新聞電子版「ライフ」コーナーで毎週木曜更新の「今週の3つ星スイーツ」
第36回は、バレンタインにおすすめの「ボンボンショコラの詰め合わせボックス」を取り上げました。
条件として、2000円以内の箱で、上司や目上の方にお贈りするのにぴったり、というものを選んでいます。

首都圏近郊の店舗から10店を厳選して食べ比べた結果、以下のお店が登場しています。

ジャン=ポール・エヴァン「ボワットゥ ショコラ」(4個入り)
オリジンーヌ・カカオ「チョコレート詰め合せ」(4個入り)

番外編
ピエールマルコリーニ「マルコリーニ セレクション」(6個入り)
テオブロマ「ボンボンショコラ4個入り」

(ちょっとした贈り物に)
ラ・メゾン・デュ・ショコラ「アタンション」(2粒入り)

2011年のバレンタイン催事も始まり、百貨店などのイベントも盛り上がっています。
今年は、フランスやベルギーのみならず、北欧やイギリス、スイス、リカなど、より多彩な各国のチョコレートが揃います。
もちろん、日本のショコラティエの作るフレッシュなチョコレートにも注目したいところ。

一時期はダークチョコレートに人気が集中しましたが、ここ数年はミルクチョコレートやホワイトチョコレートの人気も復権。
プレゼントとしても部下チョコ、女子会チョコ、友チョコなど用途に合わせて、選択肢も豊富。
自分チョコ選びも楽しみたいですね。

次回の更新は、2月10日(木)予定です。


2011/2/3|メディア掲載のお知らせ
PAGE TOP