日本経済新聞電子版「今週の3つ星スイーツ」35回目:フィナンシェ編の選考&コメントをしています(1/27)

日本経済新聞電子版「ライフ」コーナーで毎週木曜更新の「今週の3つ星スイーツ」
第35回は、フランスの焼き菓子の定番「フィナンシェ」を取り上げました。

首都圏近郊の店舗から10店を厳選して食べ比べた結果、以下のお店が登場しています。

ブーランジェリー・パティスリー・ブラッスリー・ヴィロン「フィナンシェ」
オーブン・ミトンカフェ「フィナンシェ<動物>」
クラックラン「フィナンシェ」
パティスリー・プレジール「フィナンシェ」

「フィナンシェ」の語源は、金の延べ棒や金塊のような形をしているところからと言われています。
その魅力は何と言っても、アーモンドパウダーの風味と、ブール・ノワゼットと呼ばれる焦がしバターの香り。
シンプルなようでいて、食べ比べてみると、微妙な各店の個性、こだわりが感じられます。
見た目のキュートさと言えば、オーブン・ミトンカフェの、うさぎや猫のフィナンシェ!
プレゼントにぴったりですね。

次回の更新は、2月3日(木)予定です。


2011/1/27|メディア掲載のお知らせ
PAGE TOP