【5/15】「料理ボランティアの会」で東日本大震災支援チャリティー食事会開催・参加者募集

5月15日、「料理ボランティアの会」で、東日本大震災支援活動へとつなげるためのチャリティー食事会を開催します。
詳細、お申込みフォームはこちらとなります。

●カレーで元気になろう!~美味しく食べてチャリティ~
●日時 5月15日(日) 11:00~14:00
●会場 帝国ホテル 本館3階富士の間 東京都千代田区内幸町1-1-1 
●内容 
・東京都内5軒のホテルの5種類のカレー(5種類のカレーが食べ比べられます)
・美味しい栃木野菜のサラダ
・ホテル・菓子店、5名のパティシエが共同で作る「スペシャルコラボケーキ」
 帝国ホテル:望月シェフ、ニューオータニ:中島シェフ、メトロポリタンエドモント:石田シェフ、パティシエイナムラショウゾウ:稲村シェフ、パティスリータダシヤナギ:柳シェフが参加されます。
●募集人数:400名様
●会費:5,000円 (3,000円が必要経費、2,000円が義援金)
  *当日受付にてお支払となります。
  *なるべくお釣りのないようご準備下さい。

この会では、各ジャンルの料理人やパティシエが集まり被災地を訪問、美味しい料理を提供して元気を出してもらうという活動を続けています。
2004年の新潟中越沖地震発生を受け、2005年2月に越後川口、4月に長岡、2007年に能登輪島、2008年に柏崎を訪れました。
詳しい活動実績はウェブサイトで紹介されています。

今回の東日本大震災では、被災地の被害規模は広範囲で甚大です。
そのため、「料理ボランティアの会」では、各地の組織と調整しながら、めどとして秋以降に現地訪問を開始すべく準備しています。
開始以後は複数個所、繰り返しの実施を可能とする体制構築も検討中だそうです。
活動には食材、食器、輸送、スタッフ移動など各段階で様々な経費が掛かるため、このような会で東京の皆様と一緒に活動費を作っていくという主旨となります。
また風評被害に苦しむ野菜農家を応援するため、食材として使われるそうです。
なお、チャリティ会は6月以降も毎月開催の予定です。

山本益博さんが今回考えたキャッチ
“料理で「美味しいものは元気の素です」を伝えたい”

別料金ですが、
・麺屋武蔵「夢のコラボラーメン」、
・すきやばし次郎のにぎり(こはだ、干瓢巻き)*小野二郎さん自らにぎります。、
・サルヴァトーレ・クオモのパスタ、、、
その日だけしか食べられない特別な料理ばかり。
各界料理人が被災地応援の為に心を込めて準備する、とびきり美味しいチャリティメニューです。(立食形式)

会場には物販コーナーも開設、風評被害に苦しむ栃木県の野菜の販売を行います。
(次回以降も東北・北関東各県の野菜をご紹介していきます。)

※事情により内容が変更になる場合もあります。
※会の収益はチャリティーオークション、野菜やドリンクなどの各種物販売り上げと合わせ、料理ボランティア活動の資金として活用させて頂きます。
※農家さんのご紹介、被災地最新情報もお話しします。

◆「料理ボランティアの会」幹事の方々
アンドレ・パッション氏  (レストラン パッション 代表)
稲村 省三氏 (パティシエイナムラショウゾウ 代表)
岩田知子さん (パティシエイナムラショウゾウ)
大和田 幸雄氏 (ザ・ウィンザーホテル洞爺湖 総料理長)
北岡 尚信氏 (プティ・ポアン 代表取締役)
木村 周一郎氏 (エリックカイザージャポン 代表取締役)
渋谷 和宏氏 (日経BP社 ビジネス局長)
清水 邦浩氏 (新ばし しみづ 主人)
杉尾 秀哉氏 (TBSテレビ報道局 解説・専門記者室長)
田中 健一郎氏 (帝国ホテル 取締役総料理長)
中島 眞介氏 (ホテルニューオータニ F&Bディビジョン調理部長)
中村 勝宏氏 (ホテルメトロポリタンエドモント 名誉総料理長)
松永 真理さん (バンダイ 取締役)
望月 完次郎氏 (帝国ホテル シェフパティシエ)
柳 正司氏 (パティスリー・タダシヤナギ 代表取締役)
山田 雄氏 (麺屋武蔵 代表)
山本 益博氏 (料理評論家)
渡辺 幸裕氏 (ギリークラブ 主宰)


2011/4/26|イベント参加募集
PAGE TOP