【ニューオープン】「ルミネ有楽町店」オープン、大人のためのスイーツ店が充実(10/28)

10月28日(金)、「ルミネ有楽町店」がグランドオープンしました。
有楽町西武の跡地で、有楽町駅の目の前という立地のよさ。
スイーツ売り場はルミネ2の1階にあり、コンパクトな面積の中に、大人の手土産や、オフィスでいただくのにぴったりのラインナップが和洋菓子ともに揃い、充実しています。
注目ショップをいくつかご紹介!有楽町・銀座エリア初登場のお店も多数あります。


「45°CENT QUATRE VINGTS サンキャトルヴァン」
カフェ・カンパニーが、京都の洋菓子作家、津田陽子さんと共にオープンしたカフェが、待望の支店をオープン。
看板商品のタルトは、1カットずつ購入できるのはもちろん、8種類をアソートした欲張りなホールタイプが手土産として人気。
金土日限定で、「45°タルトputit」という小さなホールサイズも登場します。

また、ルミネ有楽町店の限定品として、「東京ガレット」が登場。
皆で分けていただく大きなサイズの焼き菓子で、渦巻き模様と格子模様の2種類が選べます。
シンプルなガレット・ブルトンヌ、サブレサンドリンツ、サブレナンテといったヨーロッパの伝統菓子をベースにした焼き菓子も揃います。


「ホーム・フェアリーケーキフェア」
「ロミユニ・コンフィチュール」のオーナー、菓子研究家いがらしろみさんのレシピによる、ちょっと大人向けのスコーン専門店。
お菓子のようにデコレーションしたかわいらしい「ケーキスコーン」をはじめ、ミルキーな味わいが魅力です。
人気のコンフィチュールやキャラメルを挟んだスコーン、カレーやチーズ、シャンピニオンなどのサレ物スコーン、女性から注目度の高い「ジンジャー」など、バラエティー豊かに揃います。
オープニング記念商品として、スコーン2種類とコンフィチュール・キャラメルとのセットも登場しています。
グリーン、ブルー、ピンクで大中小と揃った家形のギフトボックスも可愛らしく、手土産としてもお薦め。


「空いろ」
銀座で最中の有名店として知られる和菓子店、「空也」の姉妹店として、モダンな和菓子が話題を呼んでいます。
小豆や白いんげんをまるごと漉したオリジナルの「○(まる)あん」は、栄養も丸ごと採り入れることができて嬉しいですね。
どら焼きの「たいよう」に、ルミネ有楽町店限定の「白いんげんの○あん」も登場。
クッキーで餡を挟んだ「つき」も、和菓子と洋菓子が融合した新しさが魅力です。


「TSUKIJI CHITOSE(築地ちとせ)」
大正元年創業。宮内省御用達拝命を記念した「東京大納言」は今もファンが多い銘菓。
愛らしい二口程度のミニサイズの「草餅」「道明寺」「塩大福」「栗きんとん」といった朝生菓子が揃います。
ゴボウ、タマネギ、ワサビ、ニンジンといった野菜を使った「ベジタブルかりんとう」、イチゴやレモンなどのチョコレートがけ「フルーツかりんとう」など新感覚の和菓子も。
大正レトロ風のパッケージもおしゃれで、ギフトにもお薦めです。

「リタティーノ」
麻布十番にオープンした「ねりたてアイス」の店が、待望の2号店オープン。
練り上げて1時間以内、凍らせていない「ねりたてアイス」のフレッシュな味わいが目からウロコです。

「ルミネ有楽町店」
http://yurakuchootona.lumine.ne.jp/
東京都千代田区有楽町2-5-1
電話 03-6268-0730(代表)
スイーツショップ営業時間 11時~21時


2011/10/30|スイーツニュース
PAGE TOP