日経新聞・土曜版『日経プラスワン』の「何でもランキング」レモンケーキ編の選者を担当(7/18)

2020年7月18日(土)、日経新聞・土曜版『NIKKEIプラス1』の「何でもランキング」は、夏にさっぱり楽しめる「レモンケーキ」を特集。選者の一人としてコメントさせていただきました。
国産レモンを使ったレモンケーキで取り寄せ可能な品をリストアップした中から、専門家達が選んだランキングは以下のとおりです。

1 リムヴェール コウジ・タカヤマ「レモンケーキ」(東京都)
2 スイーツガーデンコパン「島檸檬」(埼玉県坂戸市)
3 ベークアンドケーキ ぱふ「レモンケーキのレモンちゃん」(静岡県菊川市)
4 ロリアン洋菓子店「檸檬ケーキ」(神奈川県海老名市) 
5 アカシエ「フォンダン・シトロン」(さいたま市)
6 カトルフィユ「広島レモーネ」(広島市)
7 オッティモ「宮崎市」(宮崎市)
8 五感「檸檬燦(れもんさん)」(大阪市)
9 ルーテシア「レモンケーキ」(新潟市)
10 あじば農園「カープ檸檬ケーキ ぶちすいー」(広島県尾道市)

レモンケーキの第一次ブームは1970年代に始まり、「昭和のお菓子」のイメージが強いですが、近年、昔懐かしさを伴いつつ進化した第二次レモンケーキブームが到来。雑誌の表紙を飾るなど、再び注目を集めるようになりました。
最近は、瀬戸内エリアをはじめとして、国産レモンの栽培地が増え、ノーワックス、防カビ剤不使用などを謳うものの人気が上昇。それらを使った「ご当地レモンケーキ」や、農家が作る六次産業の加工品にも注目が集まっています。
国産レモンの旬は晩秋から冬にかけてですが、爽やかな味わいから、夏のギフトにも好評です。

詳しいコメントがご覧いただけるバックナンバーが、インターネット上の日経電子版記事に掲載されます


2020/7/18|メディア掲載のお知らせ
PAGE TOP