日本テレビ『バゲット』で外出自粛の今お勧めしたい「お取り寄せスイーツ」を紹介(4/20)

2020年4月20日(月)放映の日本テレビ『バゲット』に出演。今だからこそ、自宅で楽しんでいただきたい、お勧めのお取り寄せスイーツを5品紹介しました。
今回は、現在の新型コロナウイルス流行拡大に伴い、店舗営業を休業し通販に力を入れる店などを中心に、オンラインショップ限定の品をピックアップしています。
※完売や販売休止の際はご了承ください。もともと数量限定だった場合以外は、しばらくして販売再開されることもありますので、期間をおいてまたご覧いただけますと幸いです。


パティスリー&カフェ デリーモ(東京)「ゴロゴロチーズの満足ベイクドケーキ」
様々なチョコレートを使った菓子が人気の店が、新たにスタートした「匠のチーズ・バー」シリーズ。滑らかで口どけのよいクリームチーズとサワークリームの生地に、ゴーダチーズをゴロゴロ入れて焼き上げている。甘党だけでなく辛党の方にも喜ばれる味。
緊急事態宣言を受け、東京ミッドタウン日比谷の本店をはじめとする都内および京都の全店舗を休業中。現在はオンラインショップでしか購入できない。

伊藤久右衛門(京都)「宇治抹茶生チョコタルト」
京都・宇治のお茶専門店が手かげるスイーツの中で、フランスで修業したパティシエとともに贈る、ちょっと贅沢なネットショップ限定菓子のシリーズ。
これまでにない抹茶の濃さに挑戦した贅沢な味。
4月20日現在、5店舗中3店舗は休業。カフェも全店舗休止しながら、ネット販売に力を入れる。

ユーハイム(神戸)「やさしいバウムクーヘン」
ドイツ人、カール・ユーハイム氏が日本で初めて焼いたバウムクーヘンから始まった「ユーハイム」が、工場から出来たてを直送するオンラインショップ限定品の一つ。
通常、「ユーハイム」のバウムクーヘンの側面コーティングは、ホワイトチョコレートを使用するが、これは砂糖と水だけで作った「グラズーワ」と呼ばれる薄い糖衣がけにしている。お子様からご年配の方まで、皆に安心して召し上がっていただけるよう、お酒は使っていない。ふんわりバターが香るしっとりした舌触りの生地に、シャリッとした繊細な食感が特徴。
4月20日現在、神戸元町本店をはじめ、商業施設内の店舗の多くが休業している。

le fleuve(ル フルーヴ)(京都)「タブレット山椒」
兵庫県養父市で、店舗を持たずアトリエのみ構えオンラインショップ販売を行うチョコレート&スイーツ店。
上垣河大シェフの生まれ育った町であり、le fleuveの工房がある兵庫県養父市が発祥といわれる伝統的な「朝倉山椒」を使った、2020新作の板チョコレート。
山椒といっても渋みや辛味が少なく、ライムの様なフレッシュな香りの爽やかなスパイシーさ。自家製のカリカリしたヌガーと一緒に散りばめられ、食感や香りが楽しめる。

CLUB HARIE(クラブハリエ)(滋賀)「スフレショコラ」※数量限定商品につき、完売次第終了
なめらかで繊細な味わいと食感、濃厚なカカオの風味をお楽しみいただくスフレショコラ。そのままスプーンですくって食べてもよし、レンジで軽く温めるととろける味わいに。
バレンタイン時期に店舗限定で販売したものが好評で、現在、数量限定で販売中。
「クラブハリエ」は、新型コロナウイルス対策のため、緊急事態宣言が出る以前から「たねや」グループ全体で、一部店舗や飲食部門の営業を自粛し、感染防止に努めてきた。さらに現在、百貨店内などの多くの店舗が休業となり、ネット販売に力を入れている。


2020/4/20|メディア掲載のお知らせ
PAGE TOP