関西テレビ『NMBとまなぶくん』バレンタイン直前企画・スイーツのヒミツで講師を担当(2/2)

2017年2月2日深夜(翌3日)放映された関西テレビ『NMBとまなぶくん』の「もうすぐバレンタインデー!スイーツの甘~いヒミツ」に出演、講師を担当しました。
バレンタインデーの由来、世界各国の代表的スイーツ、あの和菓子の誕生秘話、流行スイーツのブームの変遷などを解説。
「厳選!今すぐ行きたくなる関西名店の絶品スペシャリテ」では、ぜひとも食べておきたいスペシャリテがある関西の人気スイーツ店として、以下の3軒をご紹介しました

seiichiro-nishizono_dramatic
セイイチロウニシゾノ(大阪市)「ドラマティック」
新進気鋭のパティシエ、西園誠一郎シェフが作る見目美しいお菓子が手土産にも人気。
バラの花びらの香りを抽出したオイルを加えた口どけなめらかなムースの中に、フランボワーズのジュレの甘酸っぱいアクセント。素材同士の“ドラマティックな出会い”を表現。

ASSEMBLAGES KAKIMOTO_thevert
アッサンブラージュ・カキモト(京都市)「テ・ベール」
パティシエ、料理人、ショコラティエという多彩な顔を持つ垣本晃宏シェフが、2016年にオープン。京都の町家を改装した空間もオシャレなパティスリー。
店内奥のバーカウンターで、目の前で仕上げられる出来立てのデザートにお酒を合わせて共に楽しめる。
「テ・ベール」は、宇治産の抹茶を使ったクリームやメレンゲなど、様々なパーツが多層的に重ねられたグラス入りのデセール。チョコレートプレートの蓋に温かいチョコレートを注ぎ、とかしてソースとして絡めていただく。添えられたポップバーも合わせて、途中で味の変化を楽しめる。

MOUNTAIN_anzutoshio
洋菓子マウンテン(京都府福知山市)「杏と塩」&チョコレートのピエスモンテ
チョコレートの世界大会「ワールドチョコレートマスターズ2007」で日本人として初優勝した水野直己シェフが、故郷に帰り、お父様の代から続く菓子店を二代目として引き継ぐ。
店内にはショコラ専用のセラーも設置。大会にも出品されたボンボンショコラ「杏と塩」は、杏のリキュールが香るガナッシュに、大粒でとけにくい「死海の塩」がアクセントになった一番人気の代表作。

水野シェフには、スタジオにもご出演いただき、「チョコレートの妖精」をテーマとした大型細工作品も披露していただきました。


2017/2/3|メディア掲載のお知らせ
PAGE TOP